ぐるっとパスを持って歩こう。

ぐるっとパスを持っての美術館・博物館めぐり。その他パスを使わないで巡った展示の感想記。

博物館巡り

コスチュームジュエリーに特化したぐるっとパスで行く「アクセサリーミュージアム」。

閑静な住宅街にあるコスチュームジュエリーに特化した私設美術館。ファッション系に興味のある方なら楽しめますよ!

社会科見学にも最適!ぐるっとパスで行く「江戸東京博物館」。

両国の「江戸東京博物館」。タイムスリップしたみたいに江戸の暮らしや文化、また、江戸から東京へと変わっていった歴史が模型などを交えて見られます。社会科見学にも最適ですよ!

メモを取るなら鉛筆で。

ご存知の方も多いとは思いますが、 ほぼほぼどこの施設もメモを取る場合は「鉛筆」の使用のみがOK、というお話です。

日本美術のルーツを訪ねよう!ぐるっとパスで行く「名作誕生」。

キャッチコピーに「美の家系図を見るようです。」とあるように日本美術のルーツを訪ねるような特別展「名作誕生 つながる日本美術」展を見てきました!

刀がこんなに美しかったなんて!ぐるっとパスで行く「刀剣博物館」。

刀がこんなに美しかったなんて!とにかく展示品は刀です。刀しかありません。私は特に今流行の“刀がらぶ”な人という訳ではないので楽しめるかなー、とちょっと心配だったのですが、かなりじっくりと見入ってしまいました。

ぐるっとパスで行く「帆船日本丸/横浜みなと博物館」。

今年度から、ぐるっとパスが利用できるようになった「帆船日本丸/横浜みなと博物館」。一応、地元民なので過去に何度か行ったことがある場所ではありますが、せっかくの機会なのであらためて。

ぐるっとパスで行く「ヨーロピアン・モード」展。

マリー・アントワネットでおなじみのロココ時代から産業として量産されていくようになった現代までの変遷をドレスの展示を通して紹介している「文化学園服飾博物館」のヨーロピアン・モード展に行って来ましたよ。

借りて良かった音声ガイド。

実はこれまで美術館や博物館で音声ガイドを借りたことがなかったんです。が、が、が!!ついに先週のプラド展に行った時に借りてしまいましたよ!!!

ぐるっとパスで行く「人体展」。

NHKスペシャルでもおなじみの「人体」。それと連動した「特別展 人体-神秘への挑戦-」に行きましたよ。正直、理科系が得意なわけでもなく話題になっているからくらいの軽い気持ちだったので見て理解できるかな、とちょっと心配でした。

ぐるっとパスで行く旧岩崎邸庭園。

13日に回った1番最初の施設は旧岩崎邸庭園でした。旧岩崎邸庭園は今年度から「ぐるっとパス」の 対象施設となっています。

今年度初めてぐるっとパスを使ってきました!

今日は休みを取って1日かけて展示巡り。今年度初めてぐるっとパスを使ってきました。せっかく休みを取ったのだからとぐるっとパスの使用にはこだわらず とにかく見たいものを鑑賞。とりあえず、今日は回ったよ!というお話です。