ぐるっとパスを持って歩こう。

ぐるっとパスを持っての美術館・博物館めぐり。その他パスを使わないで巡った展示の感想記。

キュビズムの創始者!ぐるっとパスで行く「ジョルジュ・ブラック展」。

キュビズムと言えば誰でも思い浮かぶのは「ピカソ」だと思いますが
そのキュビズムの創始者がジョルジュ・ブラックだそうです。

f:id:sakaimami:20180522220136j:plain


知らなかった!名前を聞いてもピンときませんでしたが
このモチーフには見覚えがありました。

https://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/18/180428/img/ex_img2.jpg

引用元画像:パナソニック 汐留ミュージアム公式サイトより

 

面白いと思ったのは、目で立体として見ている世界を
平面に落とし込み、それをまた立体として表現しているところ。

立体として見ているものを絵に描いたり、写真に撮ったりという
平面に落とし込むことはそこそこみんなやってますよね。
それほど意識せずに。

ただ、そこからもう一度、立体として表現するという
立体→平面→立体という図式は、
造形をやっている人からしたら
当たり前といえば当たり前のことなのでしょうが
正直、今回の展示で初めてその図式が意識できたというか。
ちょっと感動。

同じモチーフをガッシュ画、リトグラフ、リトグラフ&金箔、
陶器、ブロンズ、ガラス彫刻、ジュエリー、モザイク画、などなど
本当に様々な素材で表現しています。

素材でガラリと印象が変わるわけですが、
それがジョルジュ・ブラックのいう「変容」なのかな。
実は変わらないからこそ、ちょっとの変化が
如実にわかるのかもしれません。

展示の中で一番気になったのが
ブロンズ(だったかな)で作られたアレイオン。
こんなやつ↓(写真撮影NGなので模写のつもり 笑)

f:id:sakaimami:20180522220246j:plain


ギリシア神話に登場する名馬ですが、
なんか愛らしく感じて妙に心魅かれました。

 

これから見に行かれる方は
立体→平面→立体ということを
意識してみると面白いと思います!

 

パナソニック 汐留ミュージアム

期間:  2018年4月28日(土)~6月24日(日)
開館時間:午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
休館日: 水曜日(祝・祭日は開館)、展示替、年末年始
入園料: 一般 1,000円 ぐるっとパス掲示で無料。
交通:  JR新橋駅「烏森口」「汐留口」「銀座口」より徒歩約8分
     東京メトロ銀座線新橋駅「2番出口」より徒歩約6分
     都営浅草線新橋駅改札より徒歩約6分
     都営大江戸線汐留駅「3・4番出口」より徒歩約5分
     ゆりかもめ新橋駅より徒歩約6分

panasonic.co.jp