ぐるっとパスを持って歩こう。

ぐるっとパスを持っての美術館・博物館めぐり。その他パスを使わないで巡った展示の感想記。

『「日本絵画」の見かた』を読み始めてみた。

先日「名作誕生」を見に行ったわけですが

www.gruttopasswalk.tokyo

 

知識不足と言うのでしょうか。
仏教や古典文学、流派であったり
時代ごとの風俗などを知っていたら
もっと楽しめるのかしら、という思いが強くなり。

西洋絵画も前知識があるのとないのとでは
やはり全然違うと実感していたことも相まって

www.gruttopasswalk.tokyo

 

買ってしまいましたよ。『「日本絵画」の見かた』。

f:id:sakaimami:20180526233447j:plain

西洋絵画や西洋美術史の本はわりあい多く見つけられたのですが、
日本美術関連の本は数が少なくて
私的にわかりやすそうなのがこれ一択でした。

結構、これ見たことあるぞ、とか
まさに「名作誕生」で見たじゃん!っていうのもあり
とっかかりとしては面白いのではないでしょうか。

冒頭でざっと日本美術の特徴が述べられているんですが、
なるほど!と思ったのは

同じ文化や価値観を共有しやすい環境にある

という一文でした。
たしかに島国で単一民族なので
流行るとそれが爆発的に流行る下地みたいなものがありそうです。

一番ウケたのは、ほおづきの擬人化 笑。
本書でも「さすが日本文化」と案内役のお姉さんが
半ば呆れてましたが、西洋美術との一番の違いはココかも。

リアルとデフォルメ、生真面目さとユーモアが
絶妙なバランスで息づいているのが日本美術なのかなーと
読み始めて感じています。

これを読み終わったら仏像の世界にも触れてみたいな。